復縁イメージ

眼精疲労の原因

眼精疲労には、目の異常が原因で起こる場合もあれば、からだの異変を原因として起こる場合とが考えられます。
目自体に原因がある眼精疲労は、おもに次の4つがあります。

(1)調節製眼精疲労

ものに焦点を合わせて目を調節することが低下してしまい、ピントが合わせられなくなって起こる疲労です。
遠視や老眼など、通常より強い調節を行わないと見なければならないときに発生します。

(2)筋性眼精疲労

目の周辺にある筋肉の働きに異常などがあった場合に、両眼の位置がアンバランスの状態になって起こる疲労です。
眼球が内側や外側にずれる斜視や、近いものを一点で見ることが出来ない輻輳障害などが原因となって発生します。

(3)症候性眼精疲労

ドライアイ、結膜炎、ものもらい、白内障、緑内障など、眼の病気や全身的な疾患が原因で起こる眼の疲労です。
特に失明することがある緑内障は、眼精疲労が唯一の自覚症状となるので注意が必要です。

(4)神経性眼精疲労

眼球の異常ではなく、視神経など神経系の疲れを原因として起こる目の疲労です。
OA機器やパソコンなどの画面を見つめながら長時間作業する場合などに起こる眼精疲労です。


眼精疲労は、特に目に異常が無くても起こることがあります。
精神的、心理的な負担によって疲れ目の原因になることや、全身的な病気、過労や風邪などで体力が低下したときにも
起こることとがあり、とくに、眼精疲労を伴いやすい病気としては、高血圧症、動脈硬化症、糖尿病、心臓病、肝臓病などが代表的です。
中高年の場合は、症状が慢性化したり、急激に起こるときがあれば危険信号として受け取って、決して放置しないように
しましょう。
その場合は早めに病院へ行くようにしてください。